Saturday, February 25, 2017

US Japan Forum夕食会 レポートFebruary 20〜22, 2017

インターン 弘川奨悟

シリコンバレーにあるロボット関連会社、Innovation Matrix社で、今春インターンをしている。弘川奨悟です。

US Japan Forumの夕食会に2/20()2/22()3日間、参加した。夕食会では、シリコンバレーで活躍されている方々のお話を聞かせて頂いた。私は将来、エンジニアとして活躍したいという夢があったので今回の夕食会はとても貴重な時間であった。今回はシリコンバレーで活躍されているエンジニア、経営者、コンサルタント、投資家、研究者、フォトグラファー、など多種多様な仕事の話や仕事価値観や人生に関する価値観を聞くことができた。本レポートは3日間の夕食会のまとめである。

今回の夕食会では様々なことを学ばせていただいた。その中のいくつかを以下に示す。
  いろんな所に行き、いろんな人と会話し、常に考えて生活する
  失敗したからこそ成功できる
  周りの流行に振り回されずに行動する
  どういう人生を生きたいかを自分で考えて仕事・生活をする
  以上のことを継続することが重要

シリコンバレーは特に都会ではないが数多くの企業が存在し、世界の最先端技術を開発しており、ビジネスの仕方も多様化している。では、なぜシリコンバレーなのか??
シリコンバレーには、スタンフォード大学、UCバークレーなど、優秀な人材が集まる大学が多くあり、「新しいことをやろうとする人」や「世界を変える」という想いがある学生または卒業生が新しいビジネスを次々と行っている。また大学側も資金の援助などの支援を行っている。そしてビジネスが成功して引退した後もシリコンバレーに残り続け、新しい世代の若者の支援を行っている人が多い。このようなエコシステムが出来上がっているため、全米の投資額の約4割がシリコンバレーとなっており、ユニコーン企業(企業価値が10億ドル以上で非上場のベンチャー企業)の数も世界一となっている。日本には「出る杭は打たれる」という言葉があり、新しいことや珍しいことを始める人に対して否定的な文化が未だにあるように感じる。これに対してアメリカでは「他人と違う」ことが当たり前という文化があり、周りの視線を気にして発言をしないということはなく、自分の考えをどんどん発信する人が多いと感じる。

今回の夕食会に参加されていた方々も、学生時代に自分の考えを積極的に伝えるために様々な工夫をされていた。日本では「グローバル」という言葉をよく聞くが、日本人が今以上にグローバルに活躍するにはどうすればよいだろうか。英語ももちろん大事だが、異文化を理解しお互いに尊重する心や決断力、自分の考えをどんどん発信することも重要であると思う。日本でも、英語だけでなく自分の考えを積極的に伝え、決断力をつけるような教育も、保育園、小学生のころからするべきだと感じた。また、シリコンバレーでは、ビジネスに失敗してもリスペクトされる文化があり、これも日本とは異なると感じた。

2017220()
・大永英明(Innovation Matrix)
・川鍋仁(SunBridge)

2017221()
  Aya Iwasuji (NEDO)
  Mitch Kitamura (Draper Nexus)
  安藤先生(Stanford University)
2017222()
・高橋麻里(PASONA)
・竹内直実(TESLA)
・加渡友美(axxentureGoogle)
Shinichiro Nishino (NEC)
  Dai Sugano (The Mercury News)



Wednesday, October 19, 2016

第20回 JABI Salon 「シリコンバレーでAIビジネスの動向調査を行ってみた!」

JABI Blog  9/24/16

JABI  NEXT会員の吉田昌平です。
一年の時を経てJABI Blogへと帰ってきました。


20 JABI Salon
「シリコンバレーでAIビジネスの動向調査を行ってみた!

9/24()にシリコンバレーで開催された第20JABI Salonの様子をお届けします。

土曜の日中でしたが、Salonのチケットは完売し、始まる前から席が足りるかわからないながらの開始となりました。

今回の調査を行ったのは、JABIナビゲーターの大永氏、岡田氏、中島氏、そして二村氏でした。それぞれのメンバーによるAI関連の会社へのインタビュー、研究、資料作成と、とても高いクオリティーでサロンは大盛況で終えることができました。

AIビジネスの動向調査発表の前に、非会員のためのJABIの紹介が行われました。
JABIの事を最も熟知しているメンバーがこれからのJABIの未来について、そして可能性についてのプレゼンを行い、 非会員の皆様にはJABIの明るい未来についてしっかり理解いただけたかと思います。





その後のAIの動向調査では、まず、AIの背景、そして近年ではシリコンバレーでどういった動きが活発的になってきているかについて話されました。

従来のAIは保険や金融関係では活躍していたそうですが、近年ではDeep Learningが加わり、より実用化が可能となったそうです。。
インターネットショッピングなどでユーザーの嗜好に合わせて商品を提供したり、医学の分野でもシステムとAIとの融合をしたり、さらには近年評判のIoTなどのスマート機器の開発にも大きな影響を与えてきているそうです。

今回の AI動向調査の分野はビッグデータ解析、人工知能、深層学習、センサー、IoT、そしてインダストリー4.0などなど多岐にわたっていました。そして、なんと米国内外から400社のAI関連の会社データを使い調査を行ない、400社の中からスクリーニングを繰り返し、質の高いインタビューを実施されました。




調査によると、現在、シリコンバレーではGoogle FacebookAmazon
そしてAppleといったITの大企業が「AIスタートアップ獲得競争」をしているそうです。大企業からスピンアウトした会社が製品や技術を開発してからスピンアウト元の大企業に買収されるといったトレンドもあり、21世紀を生き抜くためのIT戦争の最前線がまさに、シリコンバレーで行われている模様です。


(CB INSIGHTSより引用)


AIへの注目の変化を数字で見ると一目瞭然で、2010年と比べるとベンチャー企業への投資が20倍も増えており、これからも数字が伸び続けると可能性も大いにありますね。

また、新しい最近の例として、無人カーの開発や、AIによる大喜利が人を超えたなんてこともありました。急速に成長するAIにより私たち生活は良いようにも悪いようにも変わることでしょう。もしかするとシンギュラリティの到来は予測よりも間近に迫ってきているのかもしれません。



サロンにお越しいただいた来場者の皆様もシンギュラリティについての質問や、日本でのAIに関してなどいろいろ質問をされた人がたくさんいました。そのおかげもあって、シリコンバレーだけでなく、世界でのAI動向について様々な議論が交わされ、とても有意義な時間になったと思います。ご来場になられた皆様、そして動向調査を行っていただいたJABIメンバーの皆様に本当に感謝申し上げます。


==============================
吉田昌平
JABI Next会員
J-Unique EXPO Project Manager
http://j-unique-expo.com/exhibitors_home
==============================